ほくろの除去を自分でやるのは危険!傷跡も残りやすい

dbb5d4c2eac379da5fa2f69f42ea5c20_s

目につく場所にあるほくろは、とても気になってしまいますよね。ほくろがあることにお悩みの方の中には、ほくろ除去の手術に不安があることで、専門医に相談するのではなく、自分で除去しようとする方がいらっしゃるようです。

しかし、ほくろ除去を自分でやるのは、とても危険な上に、傷跡が残りやすいので注意が必要です。ここでは、ほくろ除去を自分でやることの危険性や、安全にほくろを除去する方法について見ていきたいと思います。

ほくろはどうしてできるの?

ほくろは、大きさや色などに違いがある上に、中には、病気に繋がる可能性を持つものもあるので、慎重に取り扱う必要があります。
ほくろができる原因のひとつに、紫外線を浴びることで、増えるメラニン色素の働きがあります。

通常、紫外線を浴びると、細胞内のメラニン色素が多く生成されることによって、お肌が茶褐色になりますが、時間の経過と共にもとの肌の色に戻ります。

しかし、外部の刺激などによって細胞が傷つき、メラニン色素が異常に増殖すると、その部分にほくろができることがあります。また、もともとほくろが多いという方の場合、遺伝的なものが関係して、ほくろができやすい場合があります。

一般的に通常のほくろは良性のものが多いと言われていますが。ほくろと皮膚癌の区別がつきにくいことから、良性のものか悪性のものか、分らない場合もあります。

良性のほくろは、綺麗な丸い形をしており、色も真っ黒であることが多いようです。また、ほくろが一定の大きさを保っており、大きくなることがなければ良性のものである可能性が高いかもしれません。

しかし、ほくろの形が定まった形をしておらず、まだらな色をしていたり、どんどん大きくなるようであれば、医療機関でほくろの病理検査をしてみると良いかもしれません。

ほくろ除去を自分でやることの危険性とは?

ほくろが目立つ部分にあると、どうしても気になることから、何度も触れたり、中には爪で引っかいて取ろうとされる方もいらっしゃるようです。
しかし、傷口からばい菌が入る恐れがあるので、そのような癖がある方は、気をつけた方が良いでしょう。

また、ほくろを気にされている方の中には、専用の液剤によって、自分でほくろの除去をしようとする方もいらっしゃるようですが。これは、傷跡が残る場合もあるので、やめておいた方が良いでしょう。

ほくろには、良性のものと悪性のものがあり、その区別がつきにくい場合があります。ほくろを除去するための専用の液剤の中には、皮膚に対して、刺激が強いものがあります。

自己判断で良性のものか悪性のものか分らないほくろを危険なやり方で取ろうとすると、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

安全にほくろ除去をする方法

ほくろを安全に除去したい場合、美容皮膚科での治療が最適です。美容皮膚科と言うと、メスを使用して、ほくろを除去されるのではないかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、現代は医療技術が進んでいるため、多くの美容皮膚科で、手術ではなくレーザー治療によってほくろを除去する方法が採用されています。

レーザー治療は、ほくろの大きさにもよりますが、ほくろ除去の際にほとんど痛みがなく、傷跡が残りにくいという大きな特徴があります。また、ほくろの病理検査が可能なので、ほくろが良性のものか、悪性のものかを確かめることができます。

医師の判断をもとに、高い技術でほくろを除去するので、安全にほくろ除去をすることができます。保険治療として、治療費の負担が軽くなる場合があるので、ほくろが気になる場合には、美容皮膚科のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

ほくろがどういう性質を持つものか分らないまま、自己判断でほくろ除去をすることは、とても危険なことです。気になるほくろがある場合には、専門医などに相談することで、安心してほくろ除去をすることができます。

ホクロを綺麗に除去できる人気クリニック

『品川美容外科』ホクロ除去の症例写真・料金表・1年間の安心保障について

美容整形

【品川美容外科】
 icon-map-marker MAPを開く icon-hand-o-down  品川新宿渋谷池袋銀座上野横浜大宮宇都宮千葉名古屋静岡梅田心斎橋神戸岡山福岡仙台札幌

icon-chevron-circle-right ホクロは大きさや配置によっては、チャームポイントになることもありますが、イボのように目立ったり、広範囲に散らばっていたりすると、取り除いておきたいものです。品川美容外科では盛り上がりのあるホクロ、平たいホクロなど、状態を確認した上で、一番最適な治療法を提案しています。会員3880円~ 通常4860円~

クリニック情報所在地・連絡先・ドクター情報(経歴)

KM新宿クリニック<ホクロ・イボ除去レーザー対応・料金詳細>

【KMクリニック】
女性のためにお気軽に相談いただける美容クリニックです。「ホクロが取りたい」「イボが気になる」と悩まれる方は多く、特にお顔まわりのイボや、ほくろは取り除くと明るい印象に変わります。
KMクリニックでは、最新のCO2レーザー機器による日帰りも可能な施術方法を取り入れています
 icon-map-marker MAPを開く icon-hand-o-down  新宿銀座

 icon-hospital KMクリニック 新宿院  icon-user 院長 内藤 崇医師(経歴表示)
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F
TEL:03-5272-0212

 icon-hospital KMクリニック 銀座院  icon-user 院長 増田 路子医師(経歴表示)
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F
TEL:03-6825-5561

料金情報 5000円~/1mm

 

 icon-mobile-phone 動画  KMクリニックのホクロ除去の様子

ほくろを美容皮膚科のレーザーで消す値段・料金は? 保険は効くの?

ea35883d8084eeecba559ae28a4d3098_s

ほくろがあることを、お悩みの方がいらっしゃいます。しかし、ほくろを消す時の費用や、手術を不安に思う気持ちから、ほくろを消すことを躊躇される方もいらっしゃるようです。

現代の美容皮膚科では、ほくろ除去にレーザーを使用しているところがあります。ここでは、ほくろをレーザーで消す時の値段や料金、保険に関することについて見ていきたいと思います。

ほくろをレーザーで消す時の特徴

これまでは、ほくろをとりたい場合には、メスを使用してほくろがある部分を切開する必要がありました。

しかし、現代は、医療技術などが発達したことから、レーザーを使用して、ほくろを消す治療を行っているところが増えています。

中でも、CO2レーザー治療は、ほくろを綺麗に消すことができるだけではなく、跡が残りにくいという特徴があります。

これは、どのような仕組みになっているのかご説明すると、CO2レーザーは、皮膚の水分に反応します。

たとえば、ほくろがある部分にレーザーをあてると、その部分が熱エネルギーに変化します。

それから、ほくろの組織を蒸散させて、ほくろをとる仕組みとなっています。
このことから、メスを使用する切開の方法よりも、ほとんど出血がなく跡が残りにくいという特徴があります。

どうしても痛みが気になる方であれば、局部麻酔に対応しているので安心です。

顔にあるほくろなどをはじめとするデリケートな部分の治療が可能なので、メスによる治療を不安に思っている方にとって最適な方法です。

また、仕上がりの美しさから、ほくろでお悩みの女性の方に、人気の高い治療方法でもあるようです。

美容皮膚科のレーザーでほくろを消す場合の値段・料金

美容皮膚科のレーザーは、メリットが多い治療方法ですが、値段や料金について、どのくらいかかるのか気になりますよね。

イラスト一般的に、1mmくらいの大きさのほくろ1個で約5,000円ほどかかります。

この金額は、あくまでも目安の金額となっているようで、治療する箇所や範囲、かかる時間によって、値段や料金が違ってくるようです。

一ミリ毎の料金を設定していることも多いですが、病院によっては大きさは関係ない場合や美容目的時の保険対応もそれぞれ違います。

病的なホクロでない場合は保険が適用されなくても安くすむことが多いです。

美容皮膚科によっては、公式サイトなどに詳しい料金を提示しているところもあれば、電話での問い合わせに対応しているところもあるようです。

また、中には、無料カウンセリングをしているところもあるので、ほくろの大きさや状態などを見た上で、値段や料金を事前に知ることができます。

料金が大きさによって明瞭で安心な美容皮膚科

美容整形

icon-magic『品川美容外科』ホクロ除去<症例写真・料金表・1年間の安心保障>

 全国に展開 BMC会員:ホクロ除去1mm3880円
icon-chevron-circle-right ホクロは大きさや配置によっては、チャームポイントになることもありますが、イボのように目立ったり、広範囲に散らばっていたりすると、取り除いておきたいものです。品川美容外科では盛り上がりのあるホクロ、平たいホクロなど、状態を確認した上で、一番最適な治療法を提案しています。

品川新宿渋谷池袋銀座上野横浜大宮宇都宮千葉名古屋静岡梅田心斎橋神戸岡山福岡仙台たるみしみニキビ二重豊胸レーザー脱毛

 

KM新宿クリニック

KM新宿クリニック<ホクロ・イボ除去レーザー対応・料金詳細>
「安心」「簡単」「日帰り」

1mmまで 5,250円
2mmまで 7,980円
4mmまで 10,500円

レーザーでほくろを消す場合の値段・料金は平均的にこのくらいであると思っておけば大丈夫です。

美容皮膚科でほくろを消すメリット

ほくろは、メラニン色素をつくる細胞に傷がつくことで、メラニン色素が増殖してできる場合があります。
また、ほくろは良性のものと悪性のものがあるため、ほくろの状態によっては、医師などに見てもらうほうが安心かもしれません。

美容皮膚科でのレーザー治療は、ほとんど痛みがなく、ほくろをとった跡が残りにくいという点でも、安心して治療することができる特徴を持っていますが。

ほくろの病理検査もをすることができるので、ほくろに関する様々な悩みを改善されたい方にとって、心強いかもしれません。

また、保険治療が適用される場合もあるので、その点についても、相談してみると良いでしょう。
病理検査が可能で保険対応も可能なクリニック
池袋サンシャイン美容外科

美容皮膚科によっては、医療用ローンなどにも対応しているところがあるので、費用の負担が気になる場合でも、安心して治療を受けることができます。

ほくろを消すこと関して、様々な不安を抱えていらっしゃる方が多いようです。しかし、美容皮膚科での治療方法は、様々な点でメリットが多い治療方法です。

まずは、無料カウンセリングを通して、ほくろの悩みに関して相談することで、悩み改善への一歩を踏み出すことができるかもしれません。

全国ホクロ除去体験者一覧