商品購入前の確認項目


簡易的な確認項目ですが、商品購入前に確認しておきたいのが下記の項目です。
特に規制のある分野では
・デメリットとなることはないか?
・副作用はないか?
・体に害が及ぶようなことはないか?
といったリスク情報も事前に確認する(確認した上で同意する)ことが大切であり、推奨されています。

購入前に確認したい8の項目で最終チェック!
いくつかの情報を整理し、確認しましょう。

予約前に確認しておきたい項目一覧です。確認済みはチェックしてください。
チェックだけの簡易機能です。チェック情報が送信されることはありません

 
1.自分の希望の商品であるかを確認する
商品が希望の内容かどうかを確認します。限定型での取り扱いである場合もあります。分からない時は問い合わせてみましょう。

2.メーカーを確認する
どこの国のどんなメーカーであるか?所在がしっかりしているかどうかも大切な決定事項の一つです。

3.料金を確認する
あなたの申し込む内容の料金・費用を確認しておきましょう。
・初回限定価格・通常価格(2回目以降)で料金が異なることがあります。
・税込み表示か税抜き表示かも金額が変わってくるので注意が必要です。
・あくまで最低金額の表示であることもあり、量、範囲、部位によって金額が変動することがあります。

4.モニター価格を確認する
モニターを適用したい場合は募集しているかどうかを確認します。モニターは写真やコメントを提供することによって金額が大幅に割引になる制度です。顔写真を提供する場合とプライバシー保護に配慮し、部分的な部位の写真のみの提供であることがあります。

5.口コミや評判・写真を確認する
一人で悩んでいる場合には同じ境遇の方の話を聞けたり、写真が見れたらたいへん心強いし参考になります。ただし、体験談がWEB上のどこかで掲載されていたとしても不正評価となっている好ましくないケースもあり、行政によって表示が禁止されていることもあります。鵜呑みにしない方が良い場合もありますので御注意ください。

6.リスクを確認する
生じる可能性のあるデメリットやリスクも考慮することで、万全の体制を整えておきましょう。リスク情報とは重要な意味をもっており、必要な内容なら必ず説明を受けてください。

7.購入日を決める
繫盛期や正月、お盆、GW、土日祭日などは避け、できるだけ空いている平日に届くように予約したいところです。

8.疑問があれば購入前に質問する
通販の場合、思っていた商品ではなかったということが起こりやすいといえます。疑問があれば気のすむまで確認しておきましょう。