若返りにはポイントとなるほうれい線、シワ、クマ、たるみのケアが必須!




若返り治療とは

年齢と共に肌に衰えがみられるのは、みんな同じ。誰にでも襲ってくる老化現象の1つです。
しかし年齢が肌に出ることを自覚して、早くから肌ケアをしている人は、年齢による衰えを少し遅くすることはできます。
だんだんと年齢を重ねるごとに肌の老化は進むので、女性の大きな悩みの1つになることがほとんどです。
では一旦衰えた肌を若返らせることはできるのでしょうか。
今回はくま、ほうれい線、しわ、たるみ(頬、あご、まぶた、目元)などの若返り治療についてです。

肌の老化を感じさせる部分とは?

肌を全身すべて若返らせることは難しいので4つの目立つポイントに絞って若返り対策をとることが重要です。
肌の老化を感じさせる大きな部分は顔のほうれい線・たるみ・しわ・クマです。

多くは老化により肌のハリがなくなったために出てくるものです。
血行不良やくすみが原因で起こることも少なくありません。

おすすめの若返り(くま、ほうれい線、しわ、たるみ)治療サーチ

品川スキンクリニック<症例写真・料金表・初回お試しも人気>

美肌エイジングケア(若返り)治療とは若返り・エイジングケアガイド-人気施術NO.1は?
女性のほとんどが「いくつになってもきれいで若々しくありたい」と願っています。品川スキンクリニックの若返り治療は、様々な方法の中から個人に合わせた治療を提案しています。

 icon-map-marker MAPを開く icon-hand-o-down  渋谷表参道銀座上野立川大宮宇都宮千葉新潟心斎橋京都神戸広島岡山熊本鹿児島沖縄札幌(他7院)

クマ治療・対策・予防

クマには茶クマ、青クマ、赤クマ、黒クマといった種類があります。
これに対して切開による治療、切らない方法や注入による治療、レーザー・光による治療などがあります。
クマ治療の方法詳細

ほうれい線治療・対策・予防

ほうれい線は放っておくとどんどん深くなっていきますが、紫外線や乾燥が原因となることもあるので、早めのケアを行うことにより予防、改善度も変わってきます。
ほうれい線のしくみ・法令線特集

しわ治療・対策・予防

自分のお腹などから脂肪を採取し、ほうれい線やゴルゴ線などのシワに注入して、たるみを改善する方法などがあります。
シワ治療の方法とは

たるみ治療・対策・予防

スキンケアだけでは、とても改善するのが難しいたるみへのリフトアップ方法は、切開せずに特殊な糸を用いる方法や超音波や高周波を用いて引き締める方法などがあります。
頬・あごのたるみ治療の方法とは

  • 若返り治療にはどんな方法があるの?
    実際に若返り治療には、注射だけで出来るようなものと、メスを入れて行うものもあります。
    ほうれい線やたるみといったものも早期に治療をする場合は、注射をするだけで改善できる悩みも少なくありません。ただほうれい線やしわが深いものなどはメスを入れたり、糸で引っ張るなどの方法が必要な場合もあります。

肌の悩みはお手入れよりも治療が手っ取り早い


加齢による肌の水分量の低下や血行不良により、肌のハリはなくなり、ほうれい線やたるみが出てくるのは誰しも同じ悩み。

それをなるべく自分で解決しようとスキンケアをすることでセルフケアできますが、実際は、美容液を購入したりするのに費用はかかりますし、スキンケアを始めてもその効果が出るまでにはとても時間がかかります。

肌に良いといわれる美容液であっても実際に使ってみるまではその効果がわかりません。
また、たるみやしわなどの肌の悩みは、スキンケアをしても解決が難しいと感じれれるようになったら、お手入れをするよりも治療をした方が、時間も費用もかからず早期に解決できることが少なくありません。

デメリットは?若返り対策は定期的なメンテナンスが必要になることも


若返り対策にヒアルロン酸注射などは手っ取り早く確実な結果を得ることができるので、おすすめな方法ではあるのですが、持続できる期間(約6~12ヵ月)があります。

肌に必須な成分を注入するのですから、時間の経過とともに肌に吸収されることが少なくないのです。

そのため、ヒアルロン酸のような定期的なメンテナンスが必要な施術には一定の期間、効果を維持するために費用が継続的にかかることがあります。
イベントの時だけ注入といった利用ならむしろ都合は良いかもしれません。

若返り治療を受けた後も自己管理は必須

若返り治療を受けたら、自分では何もしなくていいのかというとそうではありません。
時間の経過とともにまた同じような悩みに悩まされることもあるのです。

しかし一旦治療を受けた後に、悩まなくてもいいようにするためには、自分でスキンケアをしっかりすることが大切です。

例えば肌の保湿に気を付けて乾燥をしないように努力する。
肌の血行を良くするためにマッサージなどを欠かさないようにするなど、努力次第で治療効果を長く保つことが可能です。

ほうれい線やたるみ、しわやクマといったものは、誰にでも訪れる肌の悩みですが、治療を受けて肌が若返るだけでなく、生活にはりが出て人生が変わったという人も!
若返り治療はそうした気持ちの部分に働きかける効果も大きいと言えます。

◇記事参考
品川スキンクリニックの美肌若返り

しわ

バストアップのための方法7選




バストケアの方法

加齢とともにだんだんとハリがなくなってくるバスト。横広がりになったり、垂れたりいろいろな悩みが生じてくるのが大きな悩みです。
年齢のせいだから、子育てで子どもに母乳をあげたから、また更年期に入るから…といったさまざまな要因はありますが、まだまだあきらめる必要はありません。
まだハリを取り戻す方法はあるのです。
ここではバストを大きくするための方法をご紹介していきます。

 

バストの悩みを解消するには

バストアップの方法は巷では主に7つの方法があります。これらはさらにリスクをとって即効性が期待できるものから、効果に時間がかかり、結果がなかなか難しいものにまで分類されます。

 

1.豊胸の施術を受ける

バストの豊胸、どうやるの?


豊胸手術を受けるというのは、広告では見ることはあっても、友人同士で話題に上ることもありませんし、一つのコンプレックス解消方法なので気軽に話せるテーマではありません。そのため痛いのでは?傷が残るのでは?と不安を感じる人もいるでしょう。

しかし豊胸にもいろいろな手術方法があるため、傷を残さず、そして豊胸したということがばれない方法もあるのです。

例えば注射でヒアルロン酸を注入する方法。また自分の脂肪を注入する方法もあります。
また大きな効果を期待する場合は、シリコンを入れる方法もあります。

また、産後、授乳後のよくある萎み(しぼみ)、垂れ、左右差にも対応しています。
 
豊胸の施術が豊富なメニューから最適なものを選んで相談できるクリニック

品川美容外科<安心の注入法など豊胸症例写真・料金表>

☆対応可能な悩み
胸が小さい・しぼんだバスト・左右差が気になる・ハリがない、垂れている・凹んだ乳首、大きな乳輪など。20種類近い豊富なメニューから最適な方法が選べる
アクアリフト豊胸
注入による手軽さ、自然な柔らかさ、高い安全性を兼ね備えた新しい豊胸術です。とにかく柔らかい質感が特徴で、持続力が高くナチュラルで美しいバストに仕上げることができます。

 icon-map-marker MAPを開く icon-hand-o-down  品川新宿渋谷池袋銀座上野横浜大宮宇都宮千葉名古屋静岡梅田心斎橋神戸岡山福岡仙台札幌


脂肪注入法豊胸専門のクリック

豊胸手術なら池田ゆう子クリニック


 icon-hospital 女性院長【池田ゆう子クリニック】脂肪注入法豊胸手術の5つのメリット
1,豊胸の手術時間は1時間!遠方の方もカウンセリングに続けての豊胸手術で日帰りが可能。
2,胸へは院長のセンスで形を作りながら1ccずつ注射器で注入。切開はしないので、パートナーにしられることもありません。
3,局所麻酔の使用で、豊胸手術後すぐに帰宅できます。
4,PRP血小板注入療法で脂肪定着性をたかめ、しこりの発生を抑えることができます。
5,医療クレジット利用で、頭金不要・翌月からの60回分割払いもできます
 icon-map-marker MAPを開く icon-hand-o-right 渋谷
授乳後のハリアッププラン

ヒアルロン酸や脂肪注入のメリット、デメリット

バストを大きくする方法としてヒアルロン酸や脂肪注入という方法があることは上記で述べました。
これらのメリットは、体になじみやすいので、副作用を起こしにくい。
また注入量によってバストの大きさを調節できることが大きなメリットです。

しかし反対に、体に吸収されることもあるため、その効果が薄れてしまうことがあり、継続的なメンテナンスが必要であるということがデメリットになります。

シリコンを受けるメリット、デメリット

シリコンバックを胸に入れる方法は、バストを大きくしたいという女性にはすぐに効果が期待できる方法として人気もあります。

また長期間効果を期待できるということが最大のメリットです。
しかし自分の身体にとってはシリコンは異物であるため、体になじみにくい、術後トラブルを起こすこともありうるというデメリットもあるのです。

症例の多いクリニックでは個人の希望に合った多くの施術方法を取り揃えており、納得のいく最適な方法を選べるのが魅力です。

 

2.バストアップエステサロンに通う

バストアップにエステサロンと言えば高級なイメージも沸いてきますが、エステ初心者でも気軽に相談できる所です。

バストアップにも対応の全国展開の人気エステサロン

エステサロンPMKのバストアップ PMKメディカルラボ


バストアップの新常識は「背中から」?余計な背肉、脇肉を胸に移動し、乳腺細胞を特殊な光で活性化。バストアップ+スリムボディを同時に!バストエステはリスクなしで2cupアップを目指します!
  icon-map-marker タップ・クリックでMAPを開く icon-hand-o-down 
~東京23区~
銀座THE SLIM PMK銀座新宿池袋渋谷品川上野
~関東~
立川町田吉祥寺横浜川崎大宮川越千葉船橋
~東北~
仙台
~東海~
名古屋駅前名古屋栄静岡
~関西~
梅田難波天王寺京都四条烏丸京都駅前神戸三宮
~九州~
福岡天神博多駅前
~北海道~
札幌

バストアップにエステサロンこんな方に向いている
外科的手法にはどうしても抵抗があり、あくまで自然なバストアップを目指したい方
切らないからこそリスクがなく安心できます。(ただし外科的な方法でも切らない方法があります)

プロに任せたい方。自分の知識に自信がなく、自分のペースでは続かない方。
乳腺刺激マッサージなどを行ってくれる上級エステティシャンはプロでありバストアップの知識が豊富です。コミュニケーションをとって相談できるので気持ちの部分でも支えになります。

ハリを保ち、痩身やたるみ改善といった嬉しい美容効果も同時に期待したい方。
エステなので2次的な美容効果にも特徴があります。

 

3.女性ホルモンのサプリ・食品を摂取する

胸を大きくする食事のオススメは?胸のサイズアップに効果がある食べ物

サイズアップのための食事や栄養

女性ホルモンの変化の時期が訪れたら、食事やサプリメントなどで女性ホルモンを分泌させることは重要です。 胸を大きくすることは女性なら誰でも憧れることです。
胸を大きくしようとするには、マッサージやトレーニングも有効な手段ですが、やはり体のことですので食べ物も重要になってきます。
では胸を大きくするのに効果のある食事とはどのようなものでしょうか。
おすすめの食べ物や食事方法についてご紹介します。

胸を大きくするために必要な栄養素


胸を大きくするには効果が高い栄養素を摂ることが肝心です。
その代表格が女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」です。
豆腐や納豆、お味噌などに含まれる大豆イソフラボンは毎日の食事に取り入れやすく、効果が高い栄養素です。
それらの食べ物が苦手な人は豆乳を飲むのも良いです。

その他にもオススメしたいのが、乳腺の発達を促す、女性ホルモンを活性化させる働きがある「ボロン」という成分です。

このボロンはキャベツやリンゴなどに含まれていますので、気軽に摂取することができます。
ナッツ類にも含まれるので例えば、間食はナッツにしてみるなどをしても効果はきたいできます。

胸を大きくするには胸の筋肉をしっかりと付けることも忘れていはいけません。
その意味では「タンパク質」も大事になってきますので、鶏肉やマグロなどで良質なタンパク質も摂るようにしてください。

胸を大きくするために気をつけたい食事のバランス

胸を大きくするためには当然ながら、効果の高い栄養素を大量に摂れば良いというわけではありません。

過剰な摂取は逆にホルモンのバランスを崩してしまうことになり、胸を大きくするどころか肌荒れなどの原因になってしまいます。
重要なのはバランスの良い食事を摂ることです。

例えば大豆イソフラボンの摂取量は70~75㎎が1日の摂取の目安です。
豆腐であれば一丁、納豆なら2パック分くらいとなります。
豆乳でも200mlでそのくらいとなりますので、1日で全部摂取しているようですと過剰摂取ということになります。

また、冷たい飲み物は血行不良の原因となってしまうのでバストアップには大敵です。
冷たい物によって冷え症による血行不良となってしまいますと、栄養素が胸に届かなくなってしまいますし、お肌にも良くないので綺麗なバストは望めません。

豆乳が効果的だといって、冷やし過ぎたものを飲んでも冷え症の原因となってしまうなど、摂取の仕方も重要になるのです。

規則正しい食生活も大切です。
毎日寝る前に大量に食べてしまったり、胸を大きく栄養を摂っているから大丈夫と言って他の食事は脂っこいものばかりになっていては意味がありません。

健康を害してしまいますし、胸が大きくなったと思ったら太っただけだった、では笑い話にもなりません。
リンゴやナッツなどは手軽に食べられる有効な栄養素ですが、糖分もあるので食べすぎには注意しなければいけません。

おいしく胸を大きくできる食事

胸を大きくしてくのであれば具体的にはどのような食事をしていけばいいでしょうか。
せっかくの食事ですからおいしく食べてバストアップにも繋げたいですよね。

おすすめは朝の味噌汁に豆腐を入れていただくことやサプリとの併用ですです。
大豆イソフラボンが摂れますし、お椀一杯の味噌汁であれば過剰摂取になることもありません。
そこにタンパク質のある鮭の切り身を加えるなど、和食の朝食で必要な栄養素を朝から摂っていきます。

忙しくて朝食に時間をかけられないときには、ランチの時に鶏肉の入ったメニューを選んでみたり、豆乳を飲んだりして補充していきます。
豆乳は冷やし過ぎても良くないので、常温にしてから飲みましょう。

夜はあまり食べ過ぎないようにサラダで済ませる方も多いのですが、お酒を飲む時にも、おつまみはナッツやチーズにしておくなど、バストアップを意識した食生活は気をつけましょう。

健康的に過ごすのが一番

胸を大きくするための食事をご紹介しましたが、それらを摂りながら健康的に過ごすのが一番効果的な方法です。
偏った食生活をしないことや、3食しっかり食べることでバランスの良い生活を心掛けてください。

しかし栄養面に関して、結局何をどうしたら良いのか漠然としてしまうこともあり、そのような事態を補うため、手軽さを備えたサプリが人気になっているのは確かです。

適度な運動やたっぷりと睡眠を摂ることも重要です。
胸を大きくするためには、健康な生活を意識することも忘れないでください。

バストアップを目指すための人気サプリ3選

次世代の美人活性剤【CUORIA】


CUORIA
飲むだけで色気がアガるといわれる「プエラリア」と大人ガールに話題のスーパーイソフラボン「エクオール」をたっぷりと配合した美活に欠かせないスタイリングサプリ。女性にうれしいパイナップルセラミドやメロンプラセンタなど美容マニアにはたまらない有用成分を18種以上配合した至極の逸品。

有効成分プエラリン高含有の高級プエラリア使用
【グラマーEpisode(エピソード)】


グラマーEpisode
プエラリン高含有サプリ」が、 1日分47.5円で試せる。 プエラリアに含まれる有効成分「プエラリン」の高含有原料に注目した高実感プエラリアサプリ。 「プエラリン50mg」含有保証原料を使用。プライバシーに配慮した配送体制あり。


プエラリアが合わない方に向いているサプリ

ボロン成分でボンボン美ボディに!Bom2Boron!

全額返金保証付き
プエラリアが体に合わず、断念してしまった女性の方に、安心安全の素材「ボロン」で美しくなりながら理想の体型を目指してほしい!との思いで、Bom2Boronを開発いたしました!バストアップに効果のある成分はもちろんの事、女性らしさをサポートする美容成分も贅沢に配合

 

4.クリームやジェルを使う
下記のようなバストケア用クリームやジェルを使う方法です。

効果実感率95%! バストケアジェル Cellnote

「cellnote セルノート BV LINE GEL 100ml」すべての女性たちに贈る最新バストケアボディジェル。定期コースでバストアップの正しい知識・ノウハウがぎっしり詰まったDVDあり

画像一覧( icon-hand-o-up タップ・クリックで拡大)

 

5.バストアップ用のブラ、ナイトブラを使う

バストを維持・整える。バストアップを目指すためのブラ(ナイトブラ)があります。
おすすめバストアップブラ3選

バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】

寝てる時につけるだけ!
Viageビューティアップナイトブラはこんな方にオススメ!
・寂しい大きさのバスト・バストが外向きに離れている・年齢によるバストの垂れ・授乳後ハリがなくなった

【てんちむプロデュース】着けるダケ理想のバストへ

モテフィット~ふっくらバストメイクブラ~
独自のバストアップ法でAアップからFカップに成功したYoutuber『てんちむ』さん全面プロデュース。新機能!背部のサイズ調整機能によりぴったりサイズフィットでバストサイズが変わっても使い続けられる。背中と脇下の着圧感を強化し、脂肪のたまりがちな背中・脇下からしっかり引き寄せ定着させる独自構造。極圧パッドで快適なつけ心地。

ナイトブラ【ふんわりルームブラ】

シーオーメディカル
キレイを極めた上質ナイトブラの5つの特徴
1.ノンワイヤーなのに美しいバスとラインにキープ
2.パワーネットでしっかりバストをホールド
3,3段ホックでバストをぎゅっと寄せ上げ
4,パット付きでバストの潰れを防止
5.幅広のパワーネットでワキ肉もキャッチ

 

6.筋トレ、運動で胸筋を鍛える方法
今ある筋力を維持するために運動で胸筋を鍛えることも重要です。
こちらは動画で確認した方が早いと思います。

 

7.バストアップマッサージ
マッサージによる方法は時間的なゆとりや余裕のある方が最初に行ってみたい方法です。

加齢でバストの悩みが多くなる

20代、30代の時期は、まだ肌に艶やハリもあり、バストや胸元に自信があったという人も、さらに40代になると悩みを持つ人も少なくありません。
突然バストが変化するというわけではありませんが、徐々に目に見える変化が訪れる時期があるのです。

例えば徐々に現れるのが筋力低下。
胸というのは胸筋がありますね。この筋肉が胸を支えているのです。
そのため垂れ下がりや横広がりを予防してくれるのですね。

しかし筋力が落ちてしまうと、胸全体的なハリがなくなりボリュームが落ちてしまうのです。
またこれまで筋肉や脂肪でカバーされていた部分の骨が目立つようになり、バストが貧弱に見えてしまうように。そこでバストのボリュームがなくなったと悩みを抱える人が少なくないのです。

自信で人生を変える


バストを大きくする方法をいくつかご紹介しました。
7つの方法はどの方法も継続することがポイントなので、簡単ではありません。

しかし胸の自信を取り戻すことができたら、自分の自信にもつながります。
バストを大きくするだけで人生が変わるかもしれません。

どの方法にもメリットやデメリットがあるためよく考慮して選ぶことが大切ですね。