福岡で涙袋ヒアルロン酸美容整形!種類は?口コミで安い料金を探そう

 

涙袋に使用するヒアルロン酸の種類と福岡市や小倉市でおすすめの美容クリニック

画像参考例(地域:銀座)
ビフォー

アフター



福岡で涙袋ヒアルロン酸

涙袋は人の顔の印象を明るくするだけではなく目が大きく見える効果もあります。
さらに最近ではヒアルロン酸注入が主流になり簡単にプチ整形ができるようになったために多くの女性に人気のある整形の1つです。
そんな涙袋の施術方法の種類やヒアルロン酸の種類、施術方法のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

参考例:涙袋ヒアルロン酸注入アフター画像一覧

     icon-hand-o-up タップ・クリックで拡大
    希望のデザイン例:目尻まで涙袋を作り、幅は狭く高さがしっかりとある涙袋(体験画像引用:銀座にて)

費用・値段リスク・副作用等内容詳細
(料金は変更になる場合がありますので必ず御確認ください)

料金詳細

デメリット
 icon-exclamation-triangle ご利用にあたっての御注意
結果・感想には個人差があります。文章内容や画像等が閲覧者様のケースと掲載内容が同じと思われる内容でも、個人によって状況が異なるため全く同じ過程や結果となるとは限りませんので、誰にでも当てはまるわけではありません

・効果や結果はメリットばかりではなく、リスク・副作用等のデメリットもある可能性がありますので注意する必要があります。

内容は主観的要素を含む可能性がありますので御参考にされる場合にはバランス的に、より多くの意見や感想に耳を傾ける必要があります。一つの情報だけでは判断しないようにおすすめします。

・誤解して伝わることのないよう、表現方法では絶対的・確定的表現は避けていますが。絶対的・確定的であると判断はなさいませんようにお願い致します。

・各内容に合うクリニック一覧表示などを掲載しておりますが、特集を組むこともあり、その性質上内容に偏りが生じることがありますので表示されているクリニックや機関が常に最も優れているとは限りません。
さらに多くの情報をお探しの方はお手数ですが他の検索サイト等をご利用ください。

・金額や値段は個人によって異なるため、当サイトの内容と閲覧者様が希望しているケースとは金額や値段は異なる可能性があります。
※予期せぬトラブルを防ぐために値段や金額については当サイト以外でも是非事前によくお調べになってください。

◆涙袋を作る整形の種類

涙袋形成のための整形方法は以下の通りで、それぞれメリットとデメリットがあります。

▲外科的治療
この方法はメスを使用して下まぶたの筋肉を丘を作るように縫いこんでいくことで涙袋を形成させる方法です。
現在この方法を行っているクリニックは少なく、まぶたの状態や顔のバランスを考えた施術をしなければならず、医者の腕によって完成度が大きく変わってしまいます。

▲涙プロテーゼ
これは下まぶたを5mm~10mmほど切開してプロテーゼと呼ばれているシリコンを挿入して糸で固定するという施術方法です。
切開するため腫れや内出血が目立つデメリットがありますが、半永久的な効果を持続させることが可能になっています。

▲脂肪注入
自分の上腕や腹部など余った部位の脂肪から脂肪を抜き取り、目の下に注入することで涙袋を形成する方法です。
これも注入した涙袋は半永久的に効果が持続されますが、術後の腫れと痛みは強く腫れることが多いため、安静にする時間が必要になります。

▲ヒアルロン酸注入
現在涙袋形成している人のほとんどがこのヒアルロン酸注入です。
元々人間の肌にとって保湿を担う成分であるヒアルロン酸を注入することによって、一時的に弾力をアップさせて涙袋を形成します。

注入したヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていきます。
そのため外科的治療とは違い半永久的に効果を持続させることはできないデメリットがあります。

▲ヒアルロン酸注入のメリット


施術時間が短い
ヒアルロン酸注射は非常に短く、大体両目合わせて施術時間が約10分で終わります。

アレルギー反応が起きにくい
ヒアルロン酸はもともと人間の体内の中に存在している成分のため、アレルギー反応が低いというメリットがあります。
そのため、涙袋以外にも鼻・あご・唇の部位にも利用されています。

メスを使わないで施術するため、ダウンタイムが短い
メスをいれる場合、数日間の間は腫れや内出血が長時間続いてしまいます。
しかし、ヒアルロン酸注入の施術方法の場合ダウンタイムの時間は比較的非常に短く、化粧もできるためばれるリスクも減らすことができます。

ヒアルロン酸注入のデメリット

かたちや膨らみが均等でない場合がある
目だけではありませんが、顔は均等な形でないため目が左右非対称の人はヒアルロン酸を注入したときに涙袋も左右に差が出来てしまいます。

内出血が起きる可能性がある
まぶたは皮膚が薄いため内出血が他の部位よりも目立ちやすくなっています。
ピークは約3日間でおさまり、1週間後にはほとんど気にならなくなると言われています。

ヒアルロン酸が馴染むまでに時間がかかる
施術が終わってから約2週間から1ヶ月の間はヒアルロン酸が馴染みきっていない状態のため、できるだけ触らないようにしなければいけなく化粧や洗顔など必要最低限にしておくことが必要です。

効果が半永久的ではない
ヒアルロン酸による整形の最大のデメリットは恐らくこれだと思っています。
せっかく理想的な涙袋を手に入れることができてもヒアルロン酸は時間とともに体内に吸収されてしまい、早い人で数ヶ月、長くても9ヶ月ほどでもとに戻ってしまうと言われています。

ヒアルロン酸の種類

医師によって使うヒアルロン酸の種類は変わりますが、ここでは主に使われているヒアルロン酸の種類と特徴についてご説明していきます。

▲レスチレン・ビタール
ヒアルロン酸の中で最も知名度が高くしわの改善やはり不足の改善に使用されることが多いのがレスチレン・ビタールです。
このヒアルロン酸はソフトなジェルタイプのためダウンタイムなどはあまり起きませんが、そのかわり涙袋などの形成にはあまり適していない種類になります。

▲テオシアル・リデンシティⅡ
患者の満足度、治療結果、効果の持続力などにおいて高い評価を得ているヒアルロン酸です。
シワの改善に主に使用されていますが、唇の形をふっくらさせたり涙袋の形成にも使用されています。

▲スタイレージS
スタイレージSというヒアルロン酸は比較的柔らかくて注入しやすく、また長期間の間効果を維持できる両面を持っています。

一般的に上記で説明したとおり柔らかいものは継続して長期間の効果が期待できず、硬いものは長期間の効果が期待できるけれどダウンタイムが強いデメリットが有りましたが、柔らかくて効果の持続が長いというのはお互いの長所だけをとりあっておりとても優れているヒアルロン酸と言えます。

 

福岡で涙袋ヒアルロン酸

美容整形

icon-magic湘南美容クリニック<症例写真・料金表・モニター>

icon-chevron-circle-rightヒアルロン酸涙袋
詳細ページ
ビタールライト1本 1.0cc 38,470円~ビタールライトとは 全国46院展開来院数66万人の美容外科クリニック。「美容整形をもっと身近に」を合言葉にクリニック内の顔が見える運営が特徴です。

福岡小倉豊胸脂肪吸引・溶解二重わきがニキビ刺青除去しわたるみしみレーザー脱毛メディオスター

美容整形

icon-magic品川美容外科<涙袋症例写真・料金表・初回お試しも人気>

icon-chevron-circle-right 品川美容外科は全国に展開する人気クリニックです。
涙袋片側41660円
価格詳細ページ
症例① 症例②

福岡たるみしみニキビ二重わきが豊胸レーザー脱毛

品川スキンクリニック

icon-magicキレイになりたいあなたを応援する『品川スキンクリニック』

icon-chevron-circle-right 品川スキンクリニックは品川美容外科とともに全国に展開する人気クリニックです。
涙袋片側41,660円
詳細ページ

福岡たるみしみニキビほくろ・イボ二重薄毛レーザー脱毛

音声

 

 

福岡で涙袋ヒアルロン酸美容整形!種類は?口コミで安い料金を探そう | 地域の美容探しはZōTA