顔痩せ小顔注射は何本、何ccで整形効果?口コミやブログでも人気の顔痩せ

 




顔痩せ小顔注射

切らずに顔痩せが期待できる施術方法として人気ですが、小顔注射の種類や1回で何cc打てばいいのか、デメリットや危険性はどうなっているのかなど皆さんが気になっていると思うことについてまとめましたので気になる方はぜひお読みください。

注射で小顔!東京美容整形外科の場合

icon-magic 【東京美容外科】症例写真・おすすめ施術・料金表
人気・話題の施術
小顔エラ注射
小顔筋肉注射・BNLS

小顔注射とは!?効果が出るメカニズム

メスをいれずに小顔になれる人気の高い小顔注射ですが、この小顔注射には主に“脂肪溶解注射(BNLS注射)”と“ボトックス注射”の2種類があります。
下記ではこの2種類の施術方法の特徴とメカニズムについてご説明していきます。

脂肪溶解注射(BNLS注射)
脂肪溶解注射とは、脂肪細胞を溶かす効果がある薬剤を注射して脂肪細胞を減らしていくという施術方法です。
この脂肪細胞とは思春期の段階で基本的な数は決められてしまい、それ以降はほとんど変動しません。

ここで理解してほしいのは、体型が変わる太った、痩せたというのはこの脂肪細胞が大きくなる、小さくなった結果です。
つまり、脂肪溶解注射を打つことで脂肪細胞そのものを溶かすことにより太ったりリバウンドをする危険性が減ります。

全身に施術することが可能ですが、フェイス部分についての施術は脂肪は他の部位と比べて比較的少ないことから少ない回数の施術で効果を期待することができます。
施術時間は約5分~10分間で気になる部位にピンポイントに施術することが可能になっています。

ボトックス注射
次にボトックス注射というものはエラボトックスと呼ばれているほどエラのハリに対して効果を期待できる施術方法です。
施術の特徴は咬筋に働きかけて噛む筋肉を麻痺させてエラの筋肉のハリを解消するという施術方法です。

脂肪溶解注射とは違い効果が持続される期間が7ヶ月ほどたつと薄れていき、また効果が出るまでに3週間ほどかかります。
また最も効果を得られるのは4ヶ月ほど後になってしまうデメリットもあります。

上記を見てもわかる通り、筋肉が原因で顔の大きさが気になっている人は“ボトックス注射”、全体的に顔に脂肪がついていてそれを解消したい場合は“脂肪溶解注射”を打つことをおすすめします。

量は選べる!?一度目は何ccがおすすめ?

一度の施術の際に投与する量はクリニックによって大きく変わっています。
必要な量についてここでは確認しておきましょう。

脂肪溶解注射
脂肪溶解注射の場合大量に打ってもこまめに分けて打ってもあまり効果に変わりはないと言われています。
1ccを打つと効果が期待できる範囲は10円玉一枚分くらいです。
結論として脂肪溶解注射は、部位や個人の脂肪量によって投与する量も大きく変わります。

治療効果を実感するのも3~4回目で実感することができるので、量は焦らずに過剰に投入しないようにアレルギーやダウンタイムなどの様子を見ながら治療をすすめることをおすすめしています。

要するに個人に合っている量であるかが重要であり、一律では理想の量は決まってはいないということです。相談しながらがベストですね。

ボトックス注射
ボトックス注射は量が足りない場合、期待していた効果を実感できないことがあります。
咬筋の発達によってその人に合った量を注入する必要がありますが、クリニックの治療医の知識不足・経験不足・方針によって効果のある量を投与してもらえないことがあります。

平均すると40~60単位くらいの量が必要になりますが、事前カウンセリングの際に自分はどのくらいの量を打つ必要があるのか確認する際の目安にしてください。

脂肪溶解注射とエラボトックスのデメリット

上記では脂肪溶解注射とエラボトックスの特徴についてご説明しましたが、下記ではそれぞれのデメリットについてご説明してきます。

脂肪溶解注射のデメリットは?
ドクターの腕によって施術後の仕上がりが大きく変わると言われています。
そのため、あなたの顔のデザインを後悔のないようにしなければいけません。
施術を受けるクリニック探しは医者の腕が信用できるところを選ぶ必要がありますし、カウンセリングの際に自分の希望をきっちりと伝える必要があります。

また、一度の施術では効果があまり期待できず平均して3~4回ほどの施術を受けなければ効果を期待できないためある程度継続して治療を受けなければいけません。

▲エラボトックス注射のデメリットは?
上記でも説明しましたが、エラボトックス注射は効果が出るまでに3週間ほどかかり、また効果も7ヶ月ほど経つと効果が薄れていきます。
そのためおおよそ平均して約3年間程度の期間は継続して施術を受け続けていかなければいけません。

ボトックスを誤ったところに注射してしまうと筋肉が弛緩してしまい表情筋がうまく動かせなくなってしまうリスクもあるので、実績のある医者を見つけてお願いすることが必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
また、脂肪や筋肉以外にも骨格が原因の場合もありますので、最初のカウンセリングの時にお医者さんにきちんと診察をしてもらうようにしてください。

自分に合った施術方法を理解して、信頼のできるお医者さんに施術を受けてもらうことで満足の行く結果になると思います。
 

顔痩せ小顔注射を行っているクリニック

品川美容外科<小顔・顔痩せ症例写真・料金表>

品川美容外科

品川美容外科小顔・顔痩せ詳細

icon-chevron-circle-right希望に合わせて、人気の注入による小顔治療や顔やせ治療の他、お顔のたるみや輪郭を整える施術が豊富。全国に展開する人気クリニックです。最新の美容を比較的安価で安心に受けるにはおすすめです。

品川新宿渋谷池袋銀座上野横浜大宮宇都宮千葉名古屋静岡梅田心斎橋神戸岡山福岡仙台たるみしみニキビ二重わきが豊胸レーザー脱毛

【東京美容外科】症例写真・おすすめ施術・料金表

【東京美容外科】料金費用が明確で安心 

(1)低価格クリニックと違い、一定の経験を持つ信頼できる医師だけを採用 (2)手術内容、仕上がりイメージ、術後リスク、費用など、納得のゆくまで丁寧に説明 (3)技術向上の取り組み

銀座新宿大阪青森秋田広島山口佐賀長崎仙台二重しみ薄毛たるみ刺青除去

icon-magicもとび美容外科クリニック

icon-chevron-circle-right もとび美容外科クリニックは、美容外科医としての症例50,000件以上の豊富な実績に裏打ちされた、確かな美容整形技術。新宿から駅近で、症例経験も多く施術の丁寧な院長で、評判の良いクリニックです。

新宿二重わきがたるみしみ豊胸ニキビレーザー脱毛脂肪吸引・溶解

切らないフェイスリフトならKM新宿クリニック

サーマクール

【KMクリニック】詳細銀座にもオープン

icon-chevron-circle-right 美容皮膚科・美容外科の新宿にあるクリニックです。東京都新宿区にて美容皮膚科の専門医が患者様のお悩みに合せ医療レーザー脱毛、ボトックス注射、しみ、そばかす、肝斑、しわ、たるみ治療等のアンチエイジングをサポート。

新宿銀座たるみしわほくろ・イボサーマクール脂肪溶解注射レーザー脱毛

音声

 

 

顔痩せ小顔注射は何本、何ccで整形効果?口コミやブログでも人気の顔痩せ | 地域の美容探しはZōTA