医療脱毛で顔のシミも消えるって本当?リスクはあるの?

 



医療脱毛で顔のシミも消える?

顔の医療脱毛をすると、シミまで消えるという口コミを聞いたことありませんか?
逆に、シミが濃くなったという口コミも見られます。
実際はどちらが本当なのかというと、医療脱毛で、顔のシミも薄くなることがあるのですがちゃんと理由があるのです。

医療脱毛で顔のシミが薄くなるメカニズム


ではなぜ医療脱毛で顔のシミも薄くなるのか?それを知る前に、医療脱毛の仕組みについてご説明しましょう。

医療脱毛は、黒色、つまりメラニン色素に反応するレーザー光を肌に照射することで毛根の一番下にある毛乳頭を破壊します。
毛乳頭で毛を作りだしているので、毛乳頭が破壊されればもう毛は生えてきません。
これが医療脱毛の仕組みです。

では、「シミ」の正体はいったい何なのか?シミの正体は、メラニンの蓄積したものです。
ターンオーバーという言葉と聞いたことがあるでしょうか。
肌の生まれ変わる周期のことですね。

紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素がどんどん作られます。
作られすぎたメラニンがターンオーバーの乱れなどの理由で顔の表面にとどまると、シミになってしまうのです。

ここまで読んでお気づきになったでしょうか。
つまり、医療脱毛はメラニン色素に反応するレーザーを照射します。
ですから、メラニン色素でできているシミにも反応してくれるので、顔の医療脱毛をしたらシミが消えた・薄くなったなどどの口コミが見られるわけです。

完全に消えることは保証できません

顔の医療脱毛をすればついでにシミが完全に消える、というわけではありません。
シミの色は茶色~薄い茶色くらいです。
いくら目立つシミといっても、毛のように真っ黒というわけではありません。

医療脱毛は、あくまでも脱毛のためにレーザーを照射します。
レーザーの出力加減も、個人個人の毛質や脱毛の進み具合を見て、出力を調節します。
顔の毛を脱毛するのと、薄い茶色のシミを消すのとでは、全く同じ出力ではできません。

そもそも、美容皮膚科、クリニックでは医療脱毛とは別メニューでシミ・そばかす対応をしています。
使用する機械も、脱毛で使用する機械とは別の種類のことも。
あくまでもシミをきれいに消すために出力を調整して、施術をしてくれるのです。

顔の脱毛ついでにシミが完全に消えることを期待しすぎると、がっかりしてしまうかもしれません。
顔の脱毛でシミが消える・薄くなることは、あくまでも副産物です。
顔の毛を脱毛するうちに、ついでにシミも薄くなったらラッキーぐらいに思っておきましょう。

顔の医療脱毛、リスクはあるの?


医療脱毛は、元々生えている毛を生えなくするほどの威力のあるレーザーを肌に照射します。
それだけの威力がありますから、顔に限らず身体でも、副作用のリスクはゼロではありません。

中でも顔は一年中表に出ていますから、長袖やボトムで隠れる腕や足よりも副作用のことが気になりますよね。

顔の脱毛の際に一番のリスクとして挙げられるのが、毛嚢炎(もうのうえん)です。
毛嚢炎は、毛の根元が小さな白ニキビのような状態になることです。
顔は皮脂の分泌が多いために毛嚢炎になりやすいのです。

予防のためには、脱毛後の肌を清潔にすることです。
脱毛後は一時的に肌が弱くなっていますから、いつも以上に炎症をおこしやすいのです。
紫外線の浴びすぎや海やプールなどは避けましょう。

万が一毛嚢炎などの肌トラブルが脱毛後におきたとしても、医療脱毛はその名の通り、医療行為。
医療脱毛ができるクリニックでしたら医師による診察をしてもらえるのです。
もちろん、塗り薬なども処方してもらえるので安心できますよ。

また、脱毛後には毛穴がぶつぶつと赤く腫れてしまうことがあります。
これも一時的なもので、時間が経てば落ち着くのですが、なにせ顔は目立ちます。
サングラスやマスクで顔を隠す等、対策をするといいでしょう。
 

全国で人気の女性医療脱毛(MAP)一覧

音声

 

 

医療脱毛で顔のシミも消えるって本当?リスクはあるの? | 地域の美容探しはZōTA