長崎県諫早市でシミやニキビレーザー治療!美容皮膚科口コミから厳選!

 

シミのレーザー治療で美肌を目指そう!長崎県諫早市でおすすめの美容皮膚科

諫早市の美容皮膚科

シミを薄くする美容液などもありますが、値段の割に効果を感じられない、効果が出るまでが遅いと感じていませんか。
美容皮膚科の治療では、主にレーザーを使用します。

長崎県諫早市でおすすめの美容皮膚科
【東京美容外科】症例写真・おすすめ施術・料金表
シミにはどんな種類がある?
MAPを開く長崎
美容皮膚科の他にもエイジング、育毛、美容整形などの豊富な診療科目があり、総合的な美しさを期待できます。

まずは、シミの原因や対策などを確認してみましょう。

シミの種類とは

シミには種類があり、それぞれ原因も違います。

 icon-frown-o シミ
日光黒子や日光性色素斑とも呼ばれますが、一般的にシミといわれているものです。
紫外線によってできるシミです。
紫外線を浴びることで、シミの原因になるメラニンが作られます。

 icon-frown-o 肝斑
30代以上の女性にできるシミです。
ホルモンバランスの乱れによってできるといわれています。
一般的なシミなのか、肝斑なのかによって治療方法が変わるため、しっかりと見極めることが大切です。

ホルモンバランスの乱れはストレスや睡眠不足などによって引き起こされることもあります。
生活習慣を整えることやストレス解消などが予防につながります。

 icon-frown-o 炎症後色素沈着
やけどやニキビの炎症からできてしまうシミです。

 icon-frown-o そばかす
遺伝的な要因がほとんどです。
雀卵斑とも呼ばれます。

主なシミは4種類あり、それぞれ原因が違いますが、どのシミも紫外線によって悪化します。

また、ターンオーバーがスムーズだと、できてしまったメラニンも古くなった肌と一緒にはがれ落ちていきます。
そのため、ターンオーバーの乱れがあるとシミになりやすくなってしまいます。

シミができることで感じる悩みとは


 icon-meh-o 老けて見える
たった一つのシミであっても、あるだけで老けた印象を与えてしまいます。

 icon-meh-o 美容液などでは効果が出にくいためストレスがたまる
シミ対策の美容液は、シミを薄くして予防する効果を期待できます。
しかし、長期にわたり使い続けなければその効果を感じることができません。
ストレスは活性酸素を増やし、老化の原因になります。

 icon-meh-o シミを隠すコンシーラーやファンデーションで厚化粧になる
シミをメイクで隠すことは難しいです。
コンシーラーやファンデーションで隠そうとすると、厚化粧になってしまいがちです。

 icon-meh-o 見られている気がして消極的になってしまう
人と話すときなど、顔は必ず見てしまう場所です。
シミが見られていないか気にするあまり、大きなストレスとなってシミの原因になります。

シミをなくすにはどうしたらいいの?

シミの改善には、シミに合った治療と規則正しい生活習慣による対策が必要です。
特に肝斑の場合、治療法を間違えてしまうと悪化させてしまうことがあります。

シミ対策用の美容液や肝斑の治療薬は、すぐに効果が出るものではありません。
シミは少しずつ薄くなっていくため、長期間続けることが大切です。
また、続けることで予防効果も期待できます。
シミにはビタミンCが配合された美白美容液など、肝斑にはトラネキサム酸が効果的です。

特に注意したいのが紫外線によるダメージです。
シミを作るだけでなく、シミを悪化させてしまいます。
春や夏だけでなく1年中、屋内でも紫外線対策は必要です。

摩擦にも注意しましょう。
クレンジングなどは、肌を強くこすらないようにしましょう。

ストレスをためないようにすることもシミ対策になります。
また、睡眠不足にも注意しましょう。

栄養バランスの良い食事も大切です。
メラニンを抑制するビタミンCや、抗酸化作用のあるビタミンEは美肌作りに効果的です。

シミの改善には美容皮膚科

美容皮膚科でシミに合わせた治療をしてもらうことで改善が期待できます。

シミにはレーザー治療が効果的ですが、肝斑の場合レーザー治療によっては悪化させてしまうことがあります。
そのため、肝斑にはトラネキサム酸の内服薬と美白外用薬が処方されることが多いです。

【東京美容外科】症例写真・おすすめ施術・料金表

【東京美容外科】料金費用が明確で安心 

(1)低価格クリニックと違い、一定の経験を持つ信頼できる医師だけを採用 (2)手術内容、仕上がりイメージ、術後リスク、費用など、納得のゆくまで丁寧に説明 (3)技術向上の取り組み

長崎二重しみ薄毛たるみ刺青除去

 
長崎県の諫早市にある東京美容外科は、肝斑にも照射できるレーザーや注射などがあるためおすすめです。
従来のレーザー治療が難しい肝斑には、ブルートーニングという施術をします。
ブルートーニングとは、刺激の少ないレーザー照射でシミを少しずつ目立たなくしていく施術です。

コラーゲンの生成に作用して、ハリのアップやキメを整えます。
毛穴の開きが気になる方にも適しています。

また、水光注射も人気の施術です。
一般的なシミはもちろん、肝斑や小じわ、くすみなどにも効果が期待できます。
ヒアルロン酸やビタミンCで若々しい美肌を導き、肝斑の方にはトラネキサム酸をプラスするなど、その人に合った施術ができます。

レーザー治療は定期的に通う必要がありますが、他にIPLレーザーや、YAGレーザーなどもあります。

 

 

長崎県諫早市でシミやニキビレーザー治療!美容皮膚科口コミから厳選! | 地域の美容探しはZōTA