大阪市のタトゥー刺青除去病院!安い費用で消す皮膚科口コミから厳選!

 

刺青除去レーザー参考画像一覧

     icon-hand-o-up タップ・クリックで拡大

刺青除去人気クリニック情報費用・値段リスク・副作用等内容詳細
湘南美容クリニック<症例写真・料金表・モニター>

icon-chevron-circle-right 傷痕が残らないよう、経験豊富な医師が治療!
☆悩み別対応や豊富な施術がある
〇傷跡を残したくない 〇広範囲のタトゥーを取りたい
〇すぐにタトゥーを消したい 〇気軽に治療したい 〇人気の治療を受けたい 湘南の刺青除去詳細
MAP大阪(心斎橋、梅田、京橋)

 icon-yen 料金参考
(料金は変更になる場合がありますので必ず御確認ください)
(注意事項:簡単に消えない場合や跡が残るケースもあり、何回も通う必要がある。皮膚切除が向いているケースなどがあります。)
 icon-exclamation-triangle ご利用にあたっての御注意
結果・感想には個人差があります。文章内容や画像等が閲覧者様のケースと掲載内容が同じと思われる内容でも、個人によって状況が異なるため全く同じ過程や結果となるとは限りませんので、誰にでも当てはまるわけではありません

・効果や結果はメリットばかりではなく、リスク・副作用等のデメリットもある可能性がありますので注意する必要があります。

内容は主観的要素を含む可能性がありますので御参考にされる場合にはバランス的に、より多くの意見や感想に耳を傾ける必要があります。一つの情報だけでは判断しないようにおすすめします。

・誤解して伝わることのないよう、表現方法では絶対的・確定的表現は避けていますが。絶対的・確定的であると判断はなさいませんようにお願い致します。

・各内容に合うクリニック一覧表示などを掲載しておりますが、特集を組むこともあり、その性質上内容に偏りが生じることがありますので表示されているクリニックや機関が常に最も優れているとは限りません。
さらに多くの情報をお探しの方はお手数ですが他の検索サイト等をご利用ください。

・金額や値段は個人によって異なるため、当サイトの内容と閲覧者様が希望しているケースとは金額や値段は異なる可能性があります。
※予期せぬトラブルを防ぐために値段や金額については当サイト以外でも是非事前によくお調べになってください。



大阪で刺青を消す

大阪で刺青を消したいときにオススメなのが、皮膚を移植するよりも傷跡が残りにくく、リスクも比較的少ないとされるレーザー法です。
レーザーでの除去を考えているあなたに、何回施術を受けると刺青除去ができるのか、その必要回数についてご紹介します。
また、湘南美容クリニックのカラフルな刺青にも対応可能な、最新機器エントラインⅢ/ピコレーザーの機能についても解説しましょう。

刺青除去方法と除去にかかる回数


刺青除去の施術方法は様々あり、例えば広範囲に入っている刺青を消す場合に用いられることが多いのが、切除法です。
刺青の色素が肌の深層部まで色素沈着している場合も、切除法であれば出来る限りわかりにくくなるといわれています。

ただし皮膚の切除を行うため、肌を縫い合わせた、かなり目立つ傷跡が残ってしまう恐れもあるのです。

削皮・剥削法は、広範囲に入っている刺青をなるべく少ない回数で除去したい場合に用いられます。
こちらの場合は長いダウンタイムを取る上に、刺青のあった部分がやけど跡のような肌色、ひきつれた見た目になることが多いというリスクもあります。

切除法と削皮・剥削法よりも小リスクだとされているのがレーザー法になります。
刺青部分をレーザーで照射するだけで、肌にメスを入れることも、皮膚を移植することもないので傷跡も残りにくいとして人気の施術方法です。

そのかわり刺青の程度によっては施術回数が多くなること、そして従来のレーザー機では肌の深層部にまで色素沈着した刺青の除去は難しいリスクがあります。

個人差があるので明言できないものの、切除法の施術回数は最低1回から多い人で6~7回、削皮・剥削法は最低1回から4~5回はかかると考えられます。
レーザー法は最低3回から多い人で10回以上と、他の2つの施術法よりもかなりの回数と長い期間をかけて行われるのです。

レーザー法での刺青除去にかかる回数の理由

レーザー法だけ施術回数が多くなりやすいのは、その施術方法に理由があります。
刺青の黒や青の色素に反応する光を照射することで、色素は破壊されてそこから徐々にターンオーバーしていきます。

そのためレーザー照射後に1~2週間のダウンタイムを必要としているのです。

しかし日本人の肌にはメラニン色素が多いことで、レーザーの熱に反応してしまうリスクが高いといわれています。
少ない回数で除去しようと高レベルのレーザーを照射したり、肌状態が落ち着くのを待たずに短いスパンで施術すると、皮膚の質感や肌状態が悪化することがあるでしょう。

例えばレーザーを照射した部分の皮膚だけが分厚くなってしまう肥厚性瘢痕やケロイドといった、目立ちやすい施術痕が残ってしまうのです。

そうしたリスクを少しでも減らすために、肌に負担がかかりにくい低レベルなレーザーで、回数を分けて施術をしています。

レーザー法だけ他の刺青除去法に比べて回数も多く、1回施術ごとにダウンタイムを設けるので期間も長くなりやすいのは、肌状態を悪化させないためです。

湘南美容クリニックのエントラインⅢ/ピコレーザーの機能

美容整形

icon-magic湘南美容クリニック<症例写真・料金表・モニター>

icon-chevron-circle-right 傷痕が残らないよう、経験豊富な医師が治療!
☆悩み別対応や豊富な施術がある
〇傷跡を残したくない 〇広範囲のタトゥーを取りたい
〇すぐにタトゥーを消したい 〇気軽に治療したい 〇人気の治療を受けたい 湘南の刺青除去詳細

大阪

 
湘南美容クリニックでは従来、レーザーでは除去しずらいと考えられてきたカラーにも対応できる、エントラインⅢ/ピコレーザーを導入しています。
赤、橙、黄色、緑、青、紫、茶、そして黒色のうちで施術が困難とされていた緑と青の刺青除去も期待できる最新テクノロジーです。

ピコレーザーは従来のレーザー機ではどうしても砕くことができなかったサイズのインク粒子を、更に小さく砕く効果が期待できます。

比較的少ない回数で施術できる可能性が高く、レーザー治療したものの一部分刺青が残り、他院ではもう追加照射ができないケースにも対応できるといわれているのです。

エントラインⅢ/ピコレーザーの機能のデメリット

ピコレーザーは消えにくいカラーを除去、施術回数の減少などが期待できる最新テクノロジーですが、デメリットも存在します。
それは他レーザー機器と同様に、多少の痛みと人によっては痕が残ることもある点です。

レーザーの当たった肌はいわばやけど状態、痛みを感じやすい人にしてみると、局所麻酔や麻酔クリームを塗っても耐えられないと思うことも避けられません。
そして傷の治りが遅い人は、レーザーの施術によりやけどのような跡が残る場合もあります。

肌の深層部にまで色素沈着している場合、ピコレーザーのみでは何十回施術をしても完全には除去できない場合も考えられます。
その場合は皮膚移植などの他の施術法も併せて用いられることもあるでしょう。

刺青の状態や施術方法により除去効果も変わる


刺青の状態や施術方法で、除去回数や期間、効果、肌の状態が変わります。
早く除去したい人は皮膚移植、回数が多くてもいいので出来る限り肌に低リスクな施術がいいならレーザーなど、医師と相談の元で決めましょう。

レーザーで消しやすい刺青、最新機器を使って何十回照射しても消えにくい刺青もあるのでじっくり時間をかけて施術方法を選んでください。

 
その他記事参考

icon-magic刺青・タトゥー除去なら最新技術と専門医が揃う【東京美容外科】

icon-chevron-circle-right 昔入れてしまった刺青、タトゥーを消したい方に、専用レーザーで正常な皮膚にダメージを与えずキレイに除去ができる施術。
 icon-check-square-o 詳細ページYAGレーザー切除縫合

大阪二重薄毛たるみ刺青除去

音声

 

 

大阪市のタトゥー刺青除去病院!安い費用で消す皮膚科口コミから厳選! | 地域の美容探しはZōTA