大阪の心斎橋でイボをレーザー治療・除去できる名医の皮膚科を厳選!口コミ多数

 

レーザー治療によるイボの治し方を解説

参考画像一覧

     icon-hand-o-up タップ・クリックで拡大

参考クリニック情報費用・値段リスク・副作用等内容詳細

品川スキンクリニック<症例写真・料金表・初回お試しも人気>

品川スキンクリニック

【品川スキンクリニック】

icon-chevron-circle-right 品川スキンクリニックは品川美容外科とともに全国に展開する人気クリニックです。特に「美容皮膚科」の分野では専門的で、人気と評判があります。最新の美容を比較的安価で安心に受けるにはおすすめです。

炭酸ガスレーザーでイボ治療

 icon-map-marker MAPを開く icon-hand-o-right 心斎橋

品川美容外科<症例写真・料金表・初回お試しも人気>も同等の内容)いぼの治療詳細炭酸ガスレーザーの治療

最新レーザー治療の場合(料金目安)
1個1mmあたり5,000円(税抜 4,629円)
皮膚腫瘍 約17,000円〜(税抜 15,740円~)
※目安金額となります。治療箇所/範囲によって変動致します。
皮膚切除の場合
1cm/1箇所約10,000円〜(税抜 9,259円~)

(料金は変更になる場合がありますので必ず御確認ください)

 icon-exclamation-triangle ご利用にあたっての御注意
結果・感想には個人差があります。文章内容や画像等が閲覧者様のケースと掲載内容が同じと思われる内容でも、個人によって状況が異なるため全く同じ過程や結果となるとは限りませんので、誰にでも当てはまるわけではありません

・効果や結果はメリットばかりではなく、リスク・副作用等のデメリットもある可能性がありますので注意する必要があります。

内容は主観的要素を含む可能性がありますので御参考にされる場合にはバランス的に、より多くの意見や感想に耳を傾ける必要があります。一つの情報だけでは判断しないようにおすすめします。

・誤解して伝わることのないよう、表現方法では絶対的・確定的表現は避けていますが。絶対的・確定的であると判断はなさいませんようにお願い致します。

・各内容に合うクリニック一覧表示などを掲載しておりますが、特集を組むこともあり、その性質上内容に偏りが生じることがありますので表示されているクリニックや機関が常に最も優れているとは限りません。
さらに多くの情報をお探しの方はお手数ですが他の検索サイト等をご利用ください。

・金額や値段は個人によって異なるため、当サイトの内容と閲覧者様が希望しているケースとは金額や値段は異なる可能性があります。
※予期せぬトラブルを防ぐために値段や金額については当サイト以外でも是非事前によくお調べになってください。

東京都でイボをレーザー治療

気になるイボを取り去りたいときに気になるのがその方法です。
しっかりと肌にくっついたイボを取るにはどうしても強い力によって取らなければいけません。
ある意味自分の体を傷つけることでもあるので、怖いのは当然のことといえるでしょう。
イボを除去する方法としてメジャーな方法にレーザーによる治療があります。
自分の肌にレーザーをあてるというのは怖い想像をしてしまうかもしれませんが、過剰に恐れる必要もないことだったりするのです。
今回はレーザー治療によってどのようにイボが除去されるのか、しっかりとみていきましょう。

使うのはCO2レーザー


イボ除去によく用いられるのはCO2レーザー、またの名を炭酸ガスレーザーというものです。
これはその名の通り、二酸化炭素を利用したレーザーとなります。
二酸化炭素というのは私達人間が呼吸の際に、酸素を取り込み吐き出すときに放出する物質です。
そのためレーザーに使われている物質自体は比較的安全なものといえるでしょう。

レーザーというのは強力な光を照射する装置であり、その種類によって様々な光を放出することができます。

光には紫外線やX線、可視光線から赤外線と色々なものがありますが、CO2レーザーでは特に赤外線を放出する形です。
しばしば電気ストーブなどに使われることでお馴染みのあの赤外線です。

ここで二酸化炭素を直接肌にぶつけるのか、それとも赤外線を照射するのか混乱してしまうかもしれません。
そのあたりを明確にするためCO2レーザーの原理からみていきましょう。

実はCO2レーザーには二酸化炭素のほかに窒素とヘリウムという気体も使われています。

この3種類の物質が混合した気体へ強いエネルギーを外部から与えることで、相互作用によって赤外線を発生させるというわけです。
つまるところ、二酸化炭素等の気体から強力な赤外線を作り出すのがCO2レーザーということになります。

肌への影響


CO2レーザーは赤外線を放出するため、非常に高温です。
そのため衝突したものへと強力に作用するのですが、機械の調整によってどの深さまで作用するのかをコントロールすることができます。
そのため設定さえきちんとしていれば患部よりも深い部分を傷つける心配は要りません。

皮膚に到達したレーザーの熱はすぐさま皮膚内の水分へと吸収されます。
この際に皮膚の組織を破壊するのですが、局所的に作用するため患部以外の場所まで影響が広がることはありません。

逆に言えば原理上、照射した範囲のみにしか影響を及ぼすことができないともいえるでしょう。

また皮膚を傷つけることになるわけですから血が出てもおかしくなさそうですが、その心配も無用です。
レーザーは超高温なので患部周辺の血管は即座に凝固することになり、血液が流れ出すことはまずありません。

処置したいところにだけ影響を及ぼし、それ以外の部位についてはきれいなままにしておける治療法といえるでしょう。

ただ処置後にはきちんとアフターケアをする必要があります。
イボを除去するということは皮膚の表面を削り取ることと同じことなので、いわば傷ついている状態です。
処方される軟膏を塗り、遮光テープを貼り付けて1週間ほどはケアに努めましょう。

広く利用されている治療方法


イボの治し方としてCO2レーザーによるイボの除去という方法は様々なクリニックで採用されています。
電気メスで切除するよりも負担が少なく、最低限の範囲へ影響を及ぼすことでイボを取ってくれる優れた方法です。
これまで見てきたように、原料は二酸化炭素・窒素・ヘリウムですしそれらはあくまで赤外線を生み出す物質でしかありません。

CO2レーザーや炭酸ガスレーザーというと驚いてしまうかもしれませんが、その実態は強い赤外線を局所的に照射できる安全な医療装置なのです。
もしCO2レーザーの治療を受ける機会が訪れても過剰に恐れる必要はありません。安心して治療を受けましょう。

 

 

大阪の心斎橋でイボをレーザー治療・除去できる名医の皮膚科を厳選!口コミ多数 | 地域の美容探しはZōTA